加齢臭、何が原因なの?

加齢臭、何が原因なの?

加齢臭、何が原因なの?

加齢臭、何が原因なの?

 

気にはなるけど、よくわからない加齢臭。
加齢臭の原因を単純に「体臭の変化」「脂性」と勘違いしている人が多いのです。
人の体は皮膚でおおわれています。もし、皮膚が透明フィルムのようにツルツルで何もない状態だったら、みるみるうちにカサカサ、ボロボロになってしまいます。そうならないように、皮脂腺から皮脂が分泌されているのです。皮脂腺は、皮膚にたくさんある毛穴の中にあります。
ところが、年齢を重ねる中で皮脂の分泌が増加するようになります。年齢があがれば、さらに増えていくのです。
30代から増加していって40代以降、加齢臭として認識されるという研究もあります。
しかし、皮脂だけでは臭わないのです。この皮脂が分解されたり酸化したりすると、ノネナールという物質になります。このノネナールが「におい」の原因なのです。

 

●どんな皮脂がノネナールになるのか?

 

ノネナールが加齢臭の原因であることはわかりました。
それでは、どんな皮脂がノネナールになるのでしょうか?
ヘキサデセン酸やパルミトオレイン酸、バクセン酸などの皮脂が、皮膚の常駐菌や過酸化脂肪などによって分解されてノネナールが発生するのです。
パルミトオレイン酸は魚介や動植物の油に含まれます。また、バクセン酸ははんすう動物(牛や馬など)の脂や乳製品などに含まれています。
簡単に考えると皮膚や毛穴などに残っている脂汚れということもできます。
加齢臭は40代からといいましたが、30代でも体臭に悩んでいる人がいます。加齢臭と違って「油臭い」と感じられるようです。ノネナールよりも強い刺激臭だともいわれます。
これは直鎖飽和脂肪酸の一種である「ぺラルゴン酸」が酸化することが原因のようです。ぺラルゴン酸は自然に存在するもので、とうもろこし、お茶、柑橘、ホップなどの食品に含まれています。

 

 

 

●「におい」の原因対策は?
「加齢臭」「30代臭」の原因だといわれる、ノネナールやぺラルゴン酸に効果的な対策とは、いったいどんなものでしょうか?
先ほども説明しましたが、これらが臭うのは、皮膚にいる雑菌によって皮脂が分解されたり、空気にふれたり紫外線にあたたりして酸化することが原因なのです。
この「におい」をなくしたり、防いだりしるためには、「抗菌と殺菌」、「酸化の防止」、「ノネナール、ぺラルゴン酸を吸収する」というのが重要なポイントになります。この3つのポイントに十分に効果のある成分が配合されているものを使用することが大切です。そうすることで、加齢臭の問題を解決できるのです。
参考サイト:加齢臭 原因

 

脱毛クリニックのおすすめポイント

脱毛クリニックの利用を考えているのであれば、そのメリットについてしっかりと理解しておく必要があります。それでは詳しくみていくことにしましょう。大きく分けると3つとなります。

 

まず1つ目は、短期間で脱毛したい人に向いているということです。最近は大変高性能なレーザー機器を利用して脱毛をしますので、すぐに効果を実感することができます。短期間とはいえ、人によっては何度か通わなければならないこともありますが、それでも他の脱毛方法よりは早く脱毛することが可能だといえます。

 

2つ目は、安全性を求める人に向いているということです。脱毛クリニックは医療機関ですので、専門の医師や看護師が脱毛をしてくれます。そのため、何かあった際はすぐに対応してもらえるため、安心して脱毛することができるといえるでしょう。

 

3つ目は、できるだけ痛みを抑えて、脱毛したい人に向いているということです。脱毛クリニックで使用するレーザー機器を使用すれば、ほとんど痛みを感じることなく脱毛することが可能ですが、人によっては痛みを感じることがあるといえます。

 

その場合の対処法としては、麻酔をすることとなりますが、最近はクリーム状の麻酔薬がありますので注射などをすることはありません。そのため、痛みをほとんど感じることなく脱毛することができるといえるでしょう。

 

このように、脱毛クリニックを使用するメリットは上記3つ以外にもいくつかありますが、自分に合った脱毛方法を取り入れることをおすすめします。

脱毛サロンと脱毛クリニックの選び方

脱毛をプロにお任せする場合、選択肢としては脱毛クリニックと脱毛サロンの利用を検討する人が多いと言えます。どちらもメリットやデメリットがありますので、自分の要望に合った方を選択することが望ましいといえます。いくつかの項目を取り上げ、詳しくみていくことにしましょう。

 

まず、費用の面ですが、比較的安く抑えたいのであれば脱毛サロンの方が良いでしょう。ほとんどのサロンが、1万円前後と低価格であるケースが多く、自分で脱毛を行うよりもかなりキレイにすることが可能です。一方クリニックの場合は、その3倍程度の費用が掛かると言われています。

 

次に効果の面ですが、これは脱毛クリニックの方がお勧めだといえるでしょう。医療機関でもありますし、脱毛の際に使用するレーザー脱毛器はかなり高性能なため、3回前後の施術を受けることにより効果を実感する人が多いようです。ただし、人によっては痛みを感じることもあるため、気になる場合は麻酔クリームなどの使用が可能か相談する必要があります。

 

最後に脱毛後のケアについてですが、こちらは脱毛クリニックの方が何らかのトラブルがあった場合でも、安心できるといえるでしょう。脱毛サロンによっては、医療機関と提携していることがあるため、何らかの異常などがあった場合は対応してもらえることもありますが、最初から専門の医師や看護師がいた方が、精神的な面で違うといえます。

 

このように、それぞれのメリット、デメリットなどの特徴がありますが、脱毛時間に関してはそれほど大差はありませんので、いずれも短時間で脱毛することができます。後は、比較検討した上で決めるようにすることをおすすめします。

脱毛クリニックについて

脱毛クリニックで脱毛を行うと、効果が高いといわれていますが、なぜなのでしょうか。また、脱毛サロンと混同してしまうことがあり、世間一般的にはその違いがよく分からないということもあるようです。そこで、脱毛クリニックについて詳しくみていくことにしましょう。

 

まず、クリニックという名前が付いていることからも分かりますが、医師免許を持っている人しか使用することができない、特殊な医療用レーザー脱毛器を使って脱毛を行う場所のことを、脱毛クリニックと呼んでいます。

 

現在行われている脱毛方法は限られており、レーザーによって毛乳頭及び皮脂腺開口部を熱破壊するところまでしか認められていません。一見、痛みを伴うように感じてしまいますが、実際のところ痛みを感じることはなく、非常にスピーディーに脱毛をすることができるため、魅力的な脱毛方法だといえるでしょう。

 

また、自宅で自ら行う脱毛や、脱毛サロンで行なう脱毛とは違い、効果が高いことからも、一度脱毛サロンで脱毛してもらった後は、肌が痛むようなこともなく、少々時間が空いても比較的長期間キレイな状態を保つことができるというメリットがあります。

 

しかし、その分どうしても費用が高額になってしまうため、定期的に通うことが難しい場合もあるでしょう。そのため、数回だけ脱毛クリニックに通い、その後無駄毛の処理を頻繁に行わなくてもよくなってから、自宅で自ら脱毛をする人もいるようです。

 

このように、脱毛クリニックにはメリットとデメリットがありますので、その点をよく理解してから活用することをおすすめします。

プラセンタの副作用と安全性

「プラセンタは安全か、副作用はないか」

 

美容効果や自然治癒力の回復など、プラセンタにはさまざまな効果が伝えられていますが、安全性はどうなのでしょう。
医療現場でも治療に用いられていることから、副作用がないかということも心配になります。

 

医療現場で注射などに使用されているプラセンタは、ヒト由来の成分のみ厚生労働省から認可されているので、安全性が非常に高いといわれています。
保険が適用される範囲であれば、全てヒト由来の原料が使用されています。

 

保険適用外のものは、美容クリニックでの治療があります。
保険はきかなくても、ヒト由来のものか、安全性の高い国産の豚由来のものです。
美容クリニックで用いられるプラセンタエキスも、安全だといってよさそうです。

 

副作用についてはどうでしょうか。
基本的に副作用の報告はほぼないということですが、アレルギーがある方は気をつけてください。
極度のアレルギー体質の方で、プラセンタを用いた施術後にじんましんの症状が現れたケースがあるためです。

 

原因がプラセンタであるとは確証されておらず、因果関係は明確にされていません。
プラセンタの働きの1つに、アレルギー反応の抑制効果がありますが、その有効成分そのものがアレルギーの強い方にとっては、アレルゲンニナルになるという考え方もあります。

 

アレルギー体質の方は、医師とよく相談しながら使用を検討してください。
それ以外の方には、現時点では副作用の心配はないといわれています。
プラセンタに限らず、治療の前にはメリットやデメリット、安全性や副作用についてしっかりと説明を受け、納得した上で行うことが重要です。

 

更新履歴